教室員

三宅 浩太郎Kotaro Miyake M.D., Ph.D.

略歴

1999年 東大寺学園高校卒業
2005年 大阪大学医学部医学科卒業
2007年 市立堺病院初期臨床研修修了
2009年 市立堺病院後期臨床研修修了
2010年 市立堺病院呼吸器内科医員
2012年 大阪大学医学部附属病院呼吸器内科医員
2017年 大阪大学大学院医学系研究科医学専攻博士課程修了(神経遺伝子学講座)
2017年 大阪大学医学部附属病院呼吸器センター特任助教(常勤)
2018年 大阪大学大学院医学系研究科 総合地域医療学寄付講座 特任助教(常勤)
2019年 大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学講座 助教
2020年 大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学講座 助教 学内講師

所属学会

日本内科学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本肺癌学会、日本アレルギー学会、日本臨床腫瘍学会、日本分子生物学会、日本RNA学会

臨床

2005年に医師免許取得後、初期臨床研修・後期臨床研修ともに市立堺病院で、総合診療を重視した熱心な臨床研修を受けました。2010年以降は呼吸器内科を専門とした診療に従事しております。

市立堺病院で勤務中には多くの肺癌患者さんの死に接し、既存の抗癌剤治療の限界を感じました。一方で、当時使われ始めていた分子標的薬の劇的な効果を目の当たりにし、癌の分子メカニズムを研究することの重要さを痛感しました。

このように臨床現場で感じた疑問・課題を解決する手段として研究を行いたいと考えるようになり、2011年に入局、2012年より大学に在籍し臨床・基礎の両面で研究を行っております。

研究

[1] RNA修飾と疾患の関連を明らかにする基礎研究

2012年は医学部附属病院で診療に従事する傍ら、基礎的な実験技術のトレーニングを受けました。2013年から2016年の間は神経遺伝子学教室において、RNA研究で御高名な河原行郎教授のご指導の下でA-to-I RNA編集の生理的意義について研究を行いました。

2017年からは呼吸器・免疫内科学講座に戻り、いよいよRNA修飾と疾患の関係について研究を行っております。RNA修飾は極めて生理的な影響が大きいことが予想される一方で、その測定・評価方法が今まさに大きく進化している分野であり、今後5~10年の間にその生理的な意義や疾患との関連が明らかになっていくと考えています。この波にうまく乗りながら、いつか患者さんの診断・治療に結びつくような研究ができるように努力を続けてまいります。

[2] 気管支鏡による肺野末梢肺癌への確実な診断・治療の実現を目指す研究

肺癌は中枢型と末梢型に大別されますが、そのほとんどは肺の奥深くに発生する末梢型肺癌です。一方で、肺は先細りの気管支が無数に分岐する構造をしています。そのためたとえ体の中に入っていける内視鏡(気管支鏡)を用いたとしても、十分に末梢型肺癌に近づくことができず、診断および治療を精度高く行うことは困難でした。

私達は2011年にCT画像を分析する‘コツ’に気づき、オブリーク法と名付けました。オブリーク法はほんのちょっとした‘コツ’なのですが、従来の仮想気管支鏡ナビゲーションシステムの自動解析よりも飛躍的に多くの情報をCT画像から読取ることができることが分かりました。つまり内視鏡で末梢型肺癌にアプローチするための“道”が詳しく分かるようになったということです。私達はオブリーク法を無償で広く公開しており、各地の先生方にお使いいただいております。また、2018年にはオブリーク法のアイデアを組み込んだ次世代型の仮想気管支鏡ナビゲーションシステムの1号機が連携する企業から市販され、2022年には2号機が発売されました。オブリーク法は2020年に日本呼吸器内視鏡学会の奨励賞を受賞しています。今後はオブリーク法が様々なシステムに組み込まれたり、あるいはオブリーク法を手作業で行えるテクニックを習得した医師が増えたりすることで、末梢型肺癌につながる詳しい経路情報を得られる先生が増えていかれるのではないかと考えております。

一方でオブリーク法で末梢型肺癌までの道が分かっても、気管支鏡が末梢型肺癌まで到達できるわけではありません。その理由は、気管支が先細りになっているからです。これまでは、肺野末梢に入っていくために気管支鏡はどんどん細く設計されましたが、それでも十分に肺野末梢まで到達することはできませんでした。そこで私達は逆に、気管支を広げることで気管支鏡を末梢に進めるというアイデアを思いつきました。試しにブタの肺で心臓用のカテーテルを使ってこのアイデアを行ってみたところ、気管支鏡で胸膜(つまり肺の底)まで到達することに成功しました。我々が知る限り、同様の成果の報告は世界でも例がありません。こちらの技術についても、早く患者さんのために使っていただけるように準備を進めています。

私達の上記の技術は表裏一体です。すなわち末梢型肺癌までの道が分かっていても、気管支鏡でその道を進めなければ意味がありません。一方で気管支鏡で肺野末梢に行けても、道が分からなければ末梢型肺癌に到達できません。しかし両者を実用化できれば、末梢型肺癌に対する医療は大きく進歩するはずです。例えば肺癌の生検の精度は高くなり、かつ大きなサイズのサンプルが採取できるようになるのではないかと思います。私達は共同研究者の先生方および連携する企業と協力させていただきながら、次世代の肺癌診断・治療の実現に向けて努力を続けてまいります。

気管支鏡検査に関連して、これまでに当科が発表してきたアイデア・テクニックは下記の通りです。これらの技術をベースとして、末梢肺癌の診断・治療を飛躍的に向上させる技術の確立を目指して参ります。

主要論文

主要論文、執筆(和文)

受賞歴

2015年 第17回日本RNA学会年会ベストプレゼンテーション賞
2016年 大阪大学大学院医学系研究科 博士課程優秀者
2020年 日本呼吸器内視鏡学会 奨励賞
2022年 日本呼吸器内視鏡学会 近畿支部会 優秀賞

研究費

2018年 MEI Grant(グラントC)
2018年 科学研究費 若手研究「癌におけるRNA修飾異常の解明とエピトランスクリプトーム治療の開発」
2019年 内視鏡医学研究振興財団, 研究助成
2021年 大阪市イノベーション創出支援助成金
2022年 大阪難病研究財団 (代表: 佐藤慎吾先生)
2022年 大阪市イノベーション創出支援助成金

共同研究

2018年- ザイオソフト株式会社, 気管支鏡ナビゲーションシステムの評価 (-2020)
2020年- 株式会社カネカ, 肺野末梢バルーニング法の開発 (-進行中)

主な講演、学会活動

2012年 日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (ポスター発表、市立堺病院) : 独自の精密なCT画像解析法(オブリーク法)を初公開
2013年 日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (シンポジウム) : オブリーク法
2015年 日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (シンポジウム) : オブリーク法
2017年 Gordon Research Conference : RNA editing
2019年 日本レーザー医学会 (シンポジウム) : 肺野末梢バルーニング法を初公開
2020年 日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (奨励賞受賞講演) : オブリーク法
2020年 日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (ワークショップ) : 肺野末梢バルーニング法
2022年 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医大会: オブリーク法
2022年 日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (気管支鏡手技セミナー): オブリーク法
2022年 日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (スポンサードセミナー): オブリーク法を搭載したZiostation REVORAS
2022年 日本呼吸器内視鏡学会中部支部気管支鏡実技セミナー: オブリーク法

特許